韓国の電圧は日本と違います!コンセントは持参で!




韓国では、日本と電圧が違うので携帯電話充電やパソコン使用の方はコンセントは持参しなければなりません。

こちらの記事では、韓国の電圧とコンセントについてをご紹介しますね。

韓国の電圧は220V

日本の電圧は100Vなので、そのまま使用はできません。日本の家電製品売り場や空港で変換フラグというのが売っていますのでSEタイプかCタイプを購入してください。

電圧と消費電力も確認しなければなりません。取扱説明書や製品本体に表示されていますので必ず確認してください。

ちなみに、私は日本で買ったiphone、ipad、acerノートパソコン、DELLノートパソコンは、変換フラグで対応して問題ありませんでした。

韓国でコンセント購入もアリ

変換フラグとかめんどくさい。SEタイプやCタイプが微妙に違うのでまれに使用コンセントと合わない確率があります。韓国でコンセント買う方が便利だと思います。

▲韓国コンセント

▲韓国コンセント

▲韓国コンセント

▲韓国コンセント

ハイマートで購入しました。釜山観光の方は、ナンポドンにあるロッテマート内にありますのでそちらで購入してください。

変圧器が必要な電化製品もあります!

携帯電話やパソコンを使用する場合は変圧器は必要ありません(一部例外あり)電気を多く使用するドライヤーなど変圧や100Vまでしか対応していないのに220Vの高い電圧を使用したら火災の原因になる確率があります!

必ずご使用の家電製品の電圧を確認して変圧器が必要な場合は、ホテル宿泊の方は受付の方に確認しましょう!

変圧器は重いし高いのでわざわざ韓国までもってくる必要はありません。ホテルで借りることができるかをホテル情報で確認してください。ホテルで借りることができない場合は、100Vしか使用できない製品は使わないでくださいね。



今後も釜山情報を更新していきますのでお楽しみに!
釜山についてこんなこと知りたい!ということもあれば、お問い合わせください。

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。