釜山在住のぐともブログについて。なぜソウルではなく釜山なのか




アンニョンハセヨ!釜山在住のぐともブログを見ていただきあリがとうございます!

釜山在住のぐともブログ管理人のぐともと申します。大学在学時2003年から韓国に興味を持ち現在は韓国釜山に在住しています。


このページでは私の簡単な自己紹介をご紹介しています。

どうぞよろしくお願いします!

釜山在住のぐともブログについて

2013年に韓国ワーキングホリデービザ取得、2014年韓国日本語教師ビザ取得1年間働き、その後釜山で貿易関係の仕事をし、現在2018年は釜山で5年目になります。
韓国って、ソウルでしょ?釜山ってどこ?と思う方も多いと思います。私自身もそう思ってました。せっかく釜山に住んでいるのだから、この経験を活かすために釜山在住のぐともブログをスタートしました。

Tomomi Noguchiさん(@nogutomodesu)がシェアした投稿

韓国釜山に住んで感じたこと、仕事をして感じたこと、そして韓国生活を通してより多くの人に「釜山」を知って欲しいと思い、お伝えしていきたいと思ってます。
また、海外に住んでいても海外ノマドワーカーとして生活できる提案もしつつ、年齢や性別にとらわれない働き方、このブログを見ていただいた方に、私も海外挑戦したい!と第一歩を踏み出せるようなブログにしたいと思っています。

のぐともについて

2003年
大学1年生の時に「留学生スキー交流」2泊3日のスキーがきっかけで韓国を持ち始める。韓国にはとくに興味がなく、国際文化学科所属だったため英語を学ぶ目的で留学生スキー交流に参加。同じ部屋が、たまたま韓国人だったことで韓国に興味を持ちました。

2004年

韓国人と智大になりたく日韓交流に参加し、この交流会で日本人集めるのを手伝ってほしいということで定期的に行われる日韓交流の日本人スタッフになりました。

2005年

留学生スポーツ交流に参加して仲良くなった韓国人の人から韓国で日韓交流1週間プログラムで韓国の清州に滞在し韓国の高校生や大学生達と観光や文化体験などの交流を行いました。

2006年

就職活動御に疑問を感じ、たまたま大学のポスターでみつけた内閣府国際派遣事業の韓国派遣部門に応募。代表に合格し韓国に2週間滞在し、韓国全土をバスで回る表敬訪問・文化体験・文化鑑賞・ホームステイ・ワークショップ・企業視察を行いました。

2007年~2009年

日韓交流で知り合った人がきっかけで、「はなこりあ」というよさこいとアリランをミックスさせた踊り韓国人、在日、日本人ではな←韓国語で一つになり、踊りで平和をアピールしている団体に属していて興味があったので参加原宿で毎年行われているスーパーよさこいお台場でのよさこいイベントはなこりあの広報活動もする。

外務省主催の日中韓交流事業に応募し、合格仕事を休んで、韓国で行われたが日本・中国・韓国人が集まるため英語で各国の文化・ソーシャル・ITなどほぼ4日間ディスカッション文化交流体験。

2013年

韓国釜山ワーキングホリデービザ取得

2014年
韓国日本語教師ビザ取得

2018年現在は、釜山在住ノマドワーカーとして、生活しています。

年齢や性別で諦めるのはもったいない!!

私が、釜山に住んだのは29歳の時です。正直、29歳で韓国に住むべきかと悩みました。韓国語は、読める程度、韓国に住んだからといって仕事が見つかるのかと不安いっぱい。。。。でも、ココで行動しなければいつやるのかぁぁ!と思い、29歳でギリギリ(韓国ワーキングホリデービザは、30歳まで)ビザを取得し、とりあえず釜山に行きました。
30歳近いから無理かもしれない。。。
女性だし、できないことあるかもしれない。。。
は、本当にもったいないと思います。私のような生き方もあるんだなぁと伝えたくブログをスタートしました。

どうぞよろしくお願いします 🙂



最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1984年生まれのぐともです。 2013年、29歳の時に、韓国釜山に住みたい!と思い、ワーキングホリデービザ取得、その後日本語教師ビザ取得、2018年現在も釜山在住しています。釜山情報色々発信していますのでご参考ください! ※写真は、全て私が撮影した写真になります。