【慶尚南道】韓国で有名なお坊さんの舎利(しゃり)があるお寺




韓国近代で有名なお坊さんであるソンチョルお坊さん記念館に行ってきました!

ソンチョルお坊さん記念館には舎利(しゃり)があります。

舎利(しゃり)とは、パワーストーンみたいな本当に小さな石(1個が1ミリ位)が、スンチョルお坊さんが亡くなった時に荼毘し骨と舎利(しゃり)が残ったそうです。

この舎利(しゃり)は、一般の人にはありません。ソンチャルお坊さんのように仏教界の最高峰に近い人のみだそうですね。
じゃ、レントゲンには?と思いますよね。
レントゲンにも写らないそうで、科学的に証明されていないそうなので不思議な現象ですよね!

この舎利(しゃり)は、記念館で実物をみることができまして、ご利益や気運をもらいにくる方多いそうです。

▲寺の前にある食堂

▲寺の前にある食堂

この食堂も毎日営業しているのではないそうで。食べることができたらラッキーみたいで、私たちは、夏の平日に運よく食べることができました!このボリュームで1人1000円です!!

やはり田舎の韓国定食は安くて美味しい(添加物無)♪

▲寺の前にある食堂

▲寺の前にある食堂

▲寺の前にある食堂

▲寺の前にある食堂

▲寺の前にある食堂

▲寺の前にある食堂

ソンチョルお坊さん生家

記念館横には、生家もあり見学ができます。当時の家がそのまま保存と着ていた服もそのまま保存されています。そして、亡くなった時はこの場でお葬式ではなく、海印寺(ヘインサ)という場所で行っています。
陰暦の1912年2月19日に生まれ、1993年11月4日に亡くなっています。亡くなった時のお葬式が当時テレビで中継されています。

youtubeで当時の様子見たのですが、本当にすごい人数の方が参列しています。亡くなったお知らせを大名行列のように巨大写真を持ちながらお知らせし、荼毘は、お寺から3キロ離れた所でしてました。興味ある方は「승철스님」で確認してみてください。荼毘する場所もお坊さんと信者の方が全て手作りで作ってました。

ソンチョルお坊さんが生きていた時代の韓国の田舎は、貧しくソンチョルお坊さんは地域の人に色々と協力し愛されていたそうです。これだけ有名なお坊さんなので、政治家も会いに行きたい(当時の大統領)と言われても全て断っていたそうですね。韓国だと有名なお坊さんにアドバイスをもらいたい!という人が多いですからね。

地域住民のためには協力するけど、欲がある人などは絶対に会わなかったそうです。

▲ソンチョルお坊さん記念館

▲ソンチョルお坊さん記念館

▲ソンチョルお坊さん記念館

▲ソンチョルお坊さん記念館

私は、この場所に初めて行きましたが、なんだかものすごい気運がありました。そして行って良かったなと思いましたね^^写真もあえてほとんど撮らなかったです。ここは是非自分の目で確かめてほしいですね!

詳細情報

場所:성철스님기념관
住所:경상남도 산청군 단성면 묵곡리 199-4



今後も釜山情報を更新していきますのでお楽しみに!
釜山についてこんなこと知りたい!ということもあれば、お問い合わせください。

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれのぐともです。 2013年、29歳の時に、韓国釜山に住みたい!と思い、ワーキングホリデービザ取得、その後日本語教師ビザ取得、2018年現在は、釜山男子と結婚し、釜山広報しています。 ※写真は、全て私が撮影した写真になります。