【慶尚南道旅行】河東(ハドン)観光!河東限定マッコリと花開市場!双渓寺 (サンゲサ)




河東(ハドン)は、韓国緑茶の産地で有名な所です。河東限定マッコリと河東で有名な観光地である花開市場(ファゲジャント)に行ってきたので詳しくご紹介しますね!

河東(ハドン)ってどこ??


三国史記の記録によれば、「新羅興徳王3年(西紀828年)、使臣であった大廉公が唐から茶の種子を持って帰ると王がそれを智異山に植えるよう命じた。という記録が残っているそうです。河東は、韓国緑茶の名産地で緑茶博物館もあります。

韓国の緑茶は、日本の濃い緑茶と反対で色が薄く味も薄いため、日本人にはちょっと物足りないかも?と感じる人もいるかもです。

釜山からは車で約3時間位かかりますので、日帰りで行く場合は、朝早くから行くのをオススメしますよ!

花開市場(ファゲジャント)

▲花開市場(ファゲジャント)

▲花開市場(ファゲジャント)

▲山茱萸 (サンシュユ)マッコリ

▲山茱萸 (サンシュユ)マッコリ

この地域限定マッコリなので、ぜひ飲んでみてくださいね!

▲トトリムク

▲トトリムク

この市場の近くにあるポリパプ (麦飯ビビンバ)の店が美味しかったです!トトリムク ←どんぐりの粉を寒天で固めたの。も、やはり田舎の食堂で作ったのはおいしいですね!
実は、私はあまりトトリムク好きではないんですが、お店手作りのは食べれます!野菜は、えごまの葉やサンチュなどですよ。

▲ボリパプ

▲ボリパプ

1人分が1000円でした。市場の向かいの建物で보리밥と書いてある店なので見つけやすいと思います!

花開市場(ファゲジャント)

市場名:화개장터
住所:경남 하동군 화개면 탑리

▲双渓寺 (サンゲサ)

▲双渓寺 (サンゲサ)

そして、近くのお寺双渓寺 (サンゲサ)へ!
新羅聖徳王21年(722)に義湘(ウィサン)の弟子三法禅師が、唐の六祖慧能大使の肖像をここに奉り、文聖王2年(840)に真鑑禅師が開いた古刹で、国宝と宝物を始めとする貴重な文化財が所蔵されています。

▲双渓寺 (サンゲサ)

▲双渓寺 (サンゲサ)

▲双渓寺 (サンゲサ)

▲双渓寺 (サンゲサ)

テンプルスティの施設もありますよ!

お寺情報

寺名:쌍계사
住所:경상남도 하동군 화개면 쌍계사길 59




今後も釜山情報を更新していきますのでお楽しみに!
釜山についてこんなこと知りたい!ということもあれば、お問い合わせください。

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれのぐともです。 2013年、29歳の時に、韓国釜山に住みたい!と思い、ワーキングホリデービザ取得、その後日本語教師ビザ取得、2018年現在は、釜山男子と結婚し、釜山広報しています。 ※写真は、全て私が撮影した写真になります。