【釜山旅行】チュンアンドン にある釜山近代歴史館で釜山で日本が植民地時代にしていた歴史を学ぶことができます。




チュンアンドンに、釜山近代歴史館があります。 1890〜1960年代位の釜山の歴史展示で1910〜1945年が日本植民地時代のため、釜山で日本が植民地時代にしていた歴史を学ぶことができ日本語で説明が全て記載してます。

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

日本メディアが報道する韓国歴史ではなく、韓国で歴史を勉強することが良いのではと思います。
1937〜1945年は、朝鮮語を日本政府が禁止したため日本語のみです。当然この時代の方は日本語ができます。写真で見る釜山は、ほぼ日本と変わりがありません。

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

▲釜山近代歴史館

私が、ここで詳しく説明するよりも実際にこちらに行き自分の目で確かめるのが良いかと思います。
釜山1号線中央駅5番出口直進約5分位なので興味ある方は行ってみてくださいね!


今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれのぐともです。 2013年、29歳の時に、韓国釜山に住みたい!と思い、ワーキングホリデービザ取得、その後日本語教師ビザ取得、2018年現在は、釜山男子と結婚してキダリムマッコリ会社で働いています。 ※写真は、全て私が撮影した写真になります。