【釜山旅行】イバクキル観光名所をご紹介します!




釜山駅の山の方の道をサンポク(山腹)道路といいまして、この釜山駅周辺を専門にツアーガイドをしている釜山専門旅行会社さんのガイドさんと一緒に。
実はこのガイドさんは2014年位から知り合いで、何度もツアーに私自身も参加しています。

釜山の歴史を伝えるツアー

釜山専門旅行会社さんは、2014年7月バスツアーの運営で開始されました。誰も興味すら持っていなかった、釜山駅周辺の山腹道路。釜山の歴史をもっと伝えたい!ということで「釜山の人も知らない本当の釜山物語」というテーマで、午前、午後、夜間三つの旅行のプログラムで進行と定着がされ、多くの方に関心を持っていただき、そして数多くのマスコミの注目を集め、大きな反響がありました。

▲釜山専門旅行会社さん

▲釜山専門旅行会社さん

1年後に届く手紙

▼こちらの場所は、以前記事にしてますので下記をご確認ください。

▲1年後に届く手紙

▲1年後に届く手紙

▲1年後に届く手紙

▲1年後に届く手紙

▲1年後に届く手紙

▲1年後に届く手紙

イバクキル

イバグとは釜山の方言で「話」キルは「通り」という意味ですよ!

▼こちらの場所は、以前記事にしてますので下記をご確認ください。

▲イバクキル説明

▲イバクキル説明

▲イバクキル説明

▲イバクキル説明

ポストの近くにあるこの道は、春には桜がすごくキレイなので桜の季節がおススメです!

▲イバクキル説明

▲イバクキル説明

上の桜並木道を下ると당산/タンサンという建物があります。毎年旧暦3月と9月の満月の日にチョリャン村の守護神である村の豊かさと平安を祈願する場所です。
いつ、誰から開始されたがわからないみたいですが、約100年の歴史を持つ町の法事であり、町の豊かさと平安を祈願する地域共同体的儀式であるそうです。
住所:부산광역시 동구 망양로478번길 13

▲168階段

▲168階段

この168階段は水を運ぶ時に(女性の仕事)重いし階段も大変なので頭の上に乗せて毎日運んでいたそうです。

▲168階段

▲168階段

実際に使用していた水汲み場。ここで水を汲み長いときは約3時間待ちだったそうです。

▲168階段

▲168階段

このように毎日利用していた。ということですね。

▲昔の釜山駅

▲昔の釜山駅

▲昔の釜山駅

▲昔の釜山駅

詳細情報

住所:부산광역시 동구 영초길191번길 8-1

最寄駅:釜山7番出口から徒歩10分。

この場所は、実際にガイドさんに聞きながら観光するのが色々と発見もあり良いかと思います!

今後も釜山情報を更新していきますのでお楽しみに!
釜山についてこんなこと知りたい!ということもあれば、お問い合わせください。

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれのぐともです。 2013年、29歳の時に、韓国釜山に住みたい!と思い、ワーキングホリデービザ取得、その後日本語教師ビザ取得、2018年現在は、釜山男子と結婚し、釜山広報しています。 ※写真は、全て私が撮影した写真になります。