【韓国結婚ビザ手続き③】結婚ビザ手続き




2018年に釜山在住の韓国人と結婚しまして、インターネットで色々調べました(日本サイトや韓国サイト)でも、詳しく記載されていないのが多く、これから韓国人と結婚する方のために、情報の参考になったらと思い、まとめましたのでご参考にしてくださいね^^

韓国で住み、韓国の結婚ビザ申請の方へ
こちらに記載している内容は、韓国で住み、韓国の結婚ビザ申請の方向けに記載しています。日本に住む方は手続き内容が異なると思いますのでご自身で調べてくださいね。

【韓国在住の場合】韓国人と結婚するための手続きの流れ

①韓国で結婚届け提出

②日本で結婚届け提出

③日本で韓国結婚ビザ申請
この順番になります。

日本で結婚ビザ手続きについて

では、こちらのブログでは日本で結婚ビザ手続きについて詳しくご紹介します。このビザ書類が大変なんです。韓国人配偶者の方の準備が多くありますよ。

まず、日本人の方のお住まい管轄韓国領事館に問い合わせしましょう!
私は、東京韓国領事館で、領事館まで行って確認したら

来なくていいですよ。旦那さんに直接伝えるので電話番号と名前書いてください。と言われました。(´Д` )
なので、電話で確認の方がいいと思います。領事館からのメッセージそのまま記載しますのでご参考までに。

韓国人準備書類

안녕하세요 주일본대사관 영사부입니다.
결혼이민비자 관련 안내문 보내드립니다.
참고하시기 바랍니다.

동경영사부 비자 접수시간은 평일 9시부터 11시 30분까지입니다. (11시 30분에 접수종료되오니 조금 일찍 오시는 것이 좋습니다. )

필요 서류및 서류에 대한 대략적인 설명은 다음과 같습니다. ( 일단 동경 영사부에서 받는 서류는 아래 써 있는 서류들입니다. 다른 지역 영사관의 경우는 각 영사관에 문의해주시기 바랍니다. )

필요서류

1) 사증발급신청서 (별지 제17호 서식), 여권, 표준규격사진 1매

2) 결혼이민자 초청장 (초청(한국)인 작성)

3) 결혼이민자 배경진술서(피초청(외국)인 작성)

4) 가족관계 입증서류

초청인(한국)

– 가족관계증명서 1통, 혼인관계증명서 1통, 기본증명서 1통(영사관에서 발급 가능)
– 주민등록등본 1통(한국에서 발급 가능)

5) 신원보증서(양식은 영사과 홈페이지에 있음)

– 초청자의 신원보증서로 보증기간은 신청일로부터 4년

6) 재정관련 입증서류

– 재직증명서, 세금납부서,국세청발행 소득증명서 등을 각각 모두 제출
– 신용정보조회서
초청자(한국배우자)만 해당, 전국은행연합회 발행
발급기관 : 전국은행연합회
발급절차 (2가지)
① 신용정보 열람 사이트인 크레딧포유에 접속, 공인 인증서로 본인 확인절차를 거친 후 본인신용정보조회서 발급
② 전국은행연합회 직접 방문 발급

7) 집 관련 서류
– 한국에서 거주할시 지내게 되는 집에 관련된 서류

(등기부등본, 계약서(전세,월세 등)원본1부, 복사본1부)

**
8) 한국어 관련 증명 서류
– 피초청인의 한국어 능력 증명이 가능한 서류들 (한국어 능력시험 성적, 한국어강좌 수료증 등)
– 증명 서류가 없을 시에는 초청인이 작성한 진술서
(현재 부부가 소통하고 있는 언어에 대한 설명과 함께 앞으로 한국어 공부를 하려한다는 노력에 대한 진술 -특별한 형식은 없음)

동경영사부에서 결혼이민비자 신청에 필요한 서류는 이상입니다.
비자 발급은 신청일 포함하여 3일 걸립니다. 만약 월요일에 신청 하셨으면 발급은 수요일 오후가 됩니다.
중간에 휴일이 끼어있으면 그 일수만큼 더하시면 됩니다.
심사에 따라 지연되는 경우가 있을수도 있습니다.
각종양식은 하기 사이트에서 다운로드 가능하십니다.
http://overseas.mofa.go.kr/jp-ko/wpge/m_20080/contents.do

다른 궁금하신 점 있으시면 동경영사부 (03-3455-2601~3)으로 연락주시기 바랍니다.
감사합니다.
주일본대사관 영사부 드림.

일단 동경 영사부에서 받는 서류는 아래 써 있는 서류들입니다. 다른 지역 영사관의 경우는 각 영사관에 문의해주시기 바랍니다.←こちらに韓国語で記載してますが、東京領事館の必要な書類であって、他の地域は各領事館に問い合わせになります。

東京韓国領事館で提出の方も必ず事前に必要な書類ご確認くださいね。

日本人準備書類

●パスポート
●写真(パスポートサイズ)領事館にも写真機あります。
●韓国語能力証明書
私たちのコミニュケーション言語は韓国語のため私の韓国語能力試験の試験結果を提出しました。試験に間に合わない方は、作文になるそうです。

夫婦のコミニュケーションが韓国語以外の場合は、意思疎通の証明書類が提出になるかと思いますが上記に記載しています현재 부부가 소통하고 있는 언어에 대한 설명과 함께 앞으로 한국어 공부를 하려한다는 노력에 대한 진술 -특별한 형식은 없음←結果的には、韓国語をこれから努力します。という証明書が必要になると思います。

共通言語が、日本語やその他外国語の場合でも韓国語能力試験最低1級は取得した方が無難だと思います。

●査証発給申請書(사증발급신청서)
●結婚移民者背景陳述書(외국인 배우자의 결혼배경 진술서)
▼こちらからダウンロード可能なので印刷して記載してください。韓国人配偶者の必要な書類もここからダウンロードして印刷できます。
http://overseas.mofa.go.kr/jp-ko/wpge/m_20080/contents.do

査証発給申請書は領事館にもありますが事前に記載して持って行った方がいいですよ。

●交際証明書。領事館で必要な書類と言われなかったのですが、念のためで作成して持って行きました。エクセルで写真とその写真の説明(日本語&韓国語)

以上が、結婚ビザ必要書類についてでした。結婚ビザは、日本人よりも韓国人が必要な書類が多いため不明点があれば必ず領事館にご確認ください。

※韓国人の必要な書類は配偶者に確認してもらいましょう。よくわからないとか言われても配偶者自身が領事館に確認した方が早いです。

ビザ申請で問題発生!!

私たちも、調べて領事館に確認しビザ申請に行ったんですが、申請日翌日領事館から電話があり、書類が足りないと言われたんです。準備したの足りないって何??と思ったんですが、問題は所得金額証明でした。

家を購入したため、預金や不動産、部屋の保証金やチョンセなどの財産は、所得要件に加えることができますが、5%しか所得として認定されないため、足りないから他の証明書を提出してください。と言わました。

えぇぇぇそれ申請確認時に言ってよ!!!と思いましたが、
●日本人の銀行残高が150万円証明書
もしくは
●韓国人配偶者家族の銀行残高証明書(世帯数によって異なるのでいくら必要か領事館にご確認ください)

どちらかが必要になります。

簡単に説明すると

家を購入にしろ、親と住むにしろ、チョンセで準備するとか色々しても銀行に最低残高金額がないとダメですよ。になります。だってちゃんと言われた書類準備して問題ないのに、銀行残高(現在の)!!と思いました。※所得証明とかのお金証明問題ないんですもん。

えぇ(´Д` )と思いましたよ。。。。

証明書を持って、ビザ申請時間(午前中)に行き、午後来てください(ビザ貰えるのは午後のみ)無事に貰えることができました!!

ちなみに何か問題があると6ヶ月申請できません。

結婚ビザ申請は、韓国人配偶者が準備する書類が多すぎなので日本人が書類提出はそんなに難しくありません。家を準備する際には、韓国人配偶者の住んでいる家で申請が良いと思いました。もしくは、ビザ提出時の最低銀行残高を残して家を準備するかですね。



今後も釜山情報を更新していきますのでお楽しみに!
釜山についてこんなこと知りたい!ということもあれば、お問い合わせください。

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました!




2 件のコメント

  • こんにちは。はじめまして。同じく釜山在住で結婚ビザの申請準備中です。書類準備で行き詰まっておりアドバイスを頂きたくコメントさせていただきます。
    主人の所得が規定の金額に満たない場合(正確には満たしているのですが、正式に認定が難しい場合)私名義の日本の銀行の残高証明書を一緒に提出すればそれも役に立つのでしょうか?

    アドバイスよろしくお願いします

    • こんにちは!ご主人の所得が満たない場合は、日本人側の銀行残高証明かご主人のご家族の残高証明のどちらかになるかと思いますよ!いくら必要なのかや金額に満たない場合どうしたらよいかは、日本の申請する領事館に直接確認が良いと思います!所得証明、残高証明等けっこう厳しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。