【韓国結婚ビザ手続き②】日本で婚姻手続き




2018年に釜山在住の韓国人と結婚しまして、インターネットで色々調べました(日本サイトや韓国サイト)でも、詳しく記載されていないのが多く、これから韓国人と結婚する方のために、情報の参考になったらと思い、まとめましたのでご参考にしてくださいね^^

韓国在住、韓国の結婚ビザ申請の方へ
こちらに記載している内容は、韓国在住、韓国の結婚ビザ申請の方向けに記載しています。日本に住む方は手続き内容が異なると思いますのでご自身で調べてくださいね。

【韓国在住の場合】韓国人と結婚するための手続きの流れ

①韓国で婚姻届け提出

②日本で婚姻届け提出

③日本で韓国結婚ビザ申請
この順番になります。

日本で婚姻届け提出について

では、こちらのブログでは日本での結婚届け提出に関して詳しくご紹介します。提出する前に必ず、日本人の方がお住まいの役所に提出書類確認してくださいね。

韓国で手続きを済ませたら以下3つの書類は韓国人配偶者の方が準備です。
日本の法律で韓国国籍の人と結婚する場合
●韓国人の婚姻関係証明書(혼인관계증명서)
●韓国人の家族関係証明書(가족관계증명서)
●韓国人の基本証明書(기본증명서)

の書類が必要になります。

私の住む市役所では

韓国人

●婚姻関係証明書(혼인관계증명서)原本+日本語訳
●家族関係証明書(가족관계증명서)原本+日本語訳
●基本証明書(기본증명서)原本+日本語訳
●パスポート
●印鑑

日本人

●身分証明書
●印鑑
●婚姻届け

※韓国人配偶者が一緒に役所に訪問できない場合は、何が必要かご確認くださいね。

色々ブログ見て韓国人の基本証明書(기본증명서)これを記載していないブログが多かったです。法律で決まっているのに必要ないの?と思いましたが。。。。韓国人と結婚する場合は、3つの書類は必ず必要です。どこで提出しても。必要と言われなかったけど提出しに行ったら必要だったと言われたらめんどくさいですよね。

3つの書類は必ず持って行った方がいいと思います。

韓国人配偶者が準備する書類

●韓国人の婚姻関係証明書(혼인관계증명서)
●韓国人の家族関係証明書(가족관계증명서)
●韓国人の基本証明書(기본증명서)

婚姻関係証明書と家族関係証明書の書類は、韓国で婚姻届け提出後に取り寄せ可能なため婚姻届け提出時にいつ貰えるか確認してください。早くて翌日だと思います。

この3つの書類が揃わないと日本で婚姻届け提出できないため余裕を持った方がいいですよ。日本語翻訳は、私がしました。韓国ではサインを求められましたが、日本ではサイン言われませんでした。

日本の婚姻届けに関して

日本の婚姻届け書類は、役所が準備したのを使用しました(写真の)今はカワイイ婚姻届けあるんですね^^

韓国で既に婚姻届け提出しているので、書類さえちゃんと揃えたら問題ないですよ♫
以上が、日本で婚姻届け提出についてでした。


今後も釜山情報を更新していきますのでお楽しみに!
釜山についてこんなこと知りたい!ということもあれば、お問い合わせください。

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれのぐともです。 2013年、29歳の時に、韓国釜山に住みたい!と思い、ワーキングホリデービザ取得、その後日本語教師ビザ取得、2018年現在は、釜山男子と結婚してキダリムマッコリ会社で働いています。 ※写真は、全て私が撮影した写真になります。