釜山で家の契約手続き方法を経験者がお伝えします!




釜山に滞在するので、一番重要な家問題。2013年当時は、釜山家情報全くなく本当に困りました。
こちらの記事では、釜山の家事情や家の契約に関してご参考にしていただけたらと思います。

コシテル&コシウォンの情報に関して

コシテル&コシウォンの違いは特にありません。
●●コシテル
●●コシウォンという名前だけになります。
主に、大学付近にありまして、大学生が使用する方が多いですが、大学生でなくても可能です。5階建ての建物で家によっては、エレベーターが無い場合もあります。シェアハウスのようなイメージと考えていただければと思います。

基本の施設は共同で使用

・共同キッチン(各階にあります)
・共同洗濯機(各階にあるところと建物に1つのところもあります)
・共同トイレ&シャワー(各階にあり、部屋に有or無があります)
・1人部屋(部屋の中には、ベッド、テレビ、冷蔵庫、机、椅子、クローゼット)
※布団はないので、購入になります。

同じ建物でも部屋にトイレ&シャワーがある部屋は値段が高めで、部屋がキレイor新しい建物も値段が高くなります。
部屋の広さは、3畳位とかなり狭いです。この狭さになれるのがものすごく大変かと思います。狭さになれなくて、すぐに出ていく人もいます。
私も、慣れるのに本当に大変でした。私が、住むコシテルは、
1か月:41万ウォン(部屋にシャワー&トイレ有)
保証金:8万ウォン(家を出る時に戻ってきます)
保証金が安い外国人でも契約可能
※韓国語わからない場合は、韓国語わかる人に契約になります。

部屋は、狭いけど、気軽に住め、1人部屋がコシテルのメリットだと思います。コシテルによっては、米が常備、インターネット完備してます。1ヶ月から滞在可能なので3ヶ月の語学留学等の短期利用には便利ですね。
コシテルに住む場合は、必ず訪問して室内見てから契約をオススメします。インターネットの情報で契約し、実際行ってみたら違った。とならないためにです。
※部屋を見ずに契約も可能です。見た方がイイです。ね!

短期間で人が入れ替わるので、何ヶ月前からの予約はできないコシテルもあります。住む1ヶ月前位に連絡し、空きがあるかどうか確認し、空きがあれば部屋を見に行き契約になります。大学の始まる時期(韓国は、3月&8月スタートなのでこの時期は、空きが少ないです)

私の場合は、NAVERサイトで韓国語で検索し、韓国人の友達に空き情報等を確認してもらい契約しました。
韓国語わからない方は、韓国NAVERで検索時に下記韓国語コピペして検索して確認してみてください。
※釜山大、釜慶大付近にコシテル、コシウォンが多いです。
부산대 釜山大
부경대 釜慶大
고시텔 コシテル
고시원 コシウォン

ワンルームは、基本長期滞在者のみ

こちらは、外国人のみの契約は不可になり、韓国人の保証人が必要になります。そして、高額の保証金の支払いが可能かになります。

釜山だと
家賃:30~50万ウォン
保証金:500万ウォン前後(退去時に戻ってきます。)保証金だけで、50万円位必要になります。
就労で釜山滞在する方は、就労先が、家を提供してくれるか、家を提供し家賃は自分で払うなどありますので確認した方がいいかと思います。

学生寮は、大学の語学堂に通っている人のみ

こちらは、基本は、大学で勉強する方のみです。留学する際に、各大学に問い合わせしていただければと思います。1ヶ月料金は、安いですがルームメイトと使用の場合はが多く、個人の部屋が良い人は不向きです。

期間が曖昧な方は、個人の部屋があるコシテル・コシウォンが良いですね!

今後も釜山情報を更新していきますのでお楽しみに!
釜山についてこんなこと知りたい!ということもあれば、お問い合わせください。

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。