【よくある質問】海外のお酒販売したい!に関して




キダリムマッコリに関して興味を持っている方でいくつかご質問がありましたので、こちらの記事でまとめましたのでご確認ください^^

海外お酒販売できるかについて

こちらは、キダリムマッコリ商品に限らず、海外酒を輸入して販売は手続きが必要です。

アルコール飲料(ワイン・ビール・ウイスキー・日本酒・焼酎など)の輸入手続きについて教えてください。

アルコール飲料を輸入販売する場合、所轄税務署長から酒類販売業免許を受ける必要があります。販売目的でアルコール飲料を輸入する場合、食品衛生法の規制を受けます。

※日本貿易振興機構(ジェトロ)ホームページよりhttps://www.jetro.go.jp/world/qa/04M-010572.html

海外酒を個人輸入したい!

.個人使用目的の場合
 輸入しようとする酒類の総量が10kg以下であることなどにより、個人使用目的であると認められる場合には、届出等の手続は必要ありません。
なお、携帯品又は別送品として酒類を輸入しようとする場合には、3本(760ml程度のものを1本とする。)まで、関税、消費税及び酒税が免除されます。
制限内ならば可能ですね!お酒の種類によっては可能かどうかですが(生マッコリは液漏れする可能性がある)

許可無しで販売は違法ですよ!

では、あるサイトもしくは、現地で海外酒を範囲内で購入。自分のお店で販売(実店舗、インターネット)

これは、NGです。販売したい場合は、ちゃんと手続きしましょうね^^

許可書取得が難しいんだけど。。。。

どうしても販売したいぃぃぃ!!!という方の選択の一つは、輸入代行会社にお願いする。になるかと思います。

例えば

①キダリムマッコリ会社
②輸入代行会社
③自分の店舗で販売したい人

②の会社が①の会社と手続きしてもらい③の会社は、②の会社と取引する。ですね。このようにすると輸入代行などの手間が無くなるので便利になると思いますが、直輸入ではなくなるので、仕入れ値、販売値をどうするかになりますね。

 

海外酒を日本で販売できるかについてまとめてみました。個人で購入して自分で使用するのには問題ないんですがビジネスとして購入の場合は、ちょっと複雑ですね。

韓国の焼酎は日本でも販売されていますが、マッコリは販売が限られていますね。(賞味期限が短いマッコリが多いため)販売元(韓国酒会社)が、日本販売に興味があるのか。も需要かなと思います。

キダリムマッコリ詳しくは下記ご確認ください。

キダリムマッコリ材料に関して

キダリムマッコリ会社について

キダリムマッコリ会社情報

★営業時間★
平日:9:30~18:00
※韓国の祝日、土曜日・日曜日は休み。小さい会社のため会社訪問はお断りしていますので住所は記載しません。質問等ある方は、下記お問い合わせをご確認ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせより

当ブログ問い合わせ(ブログトップにある緑ボタン)よりご連絡ください。

LINE@

LINEID検索 (@付け加えた表記全て入力して検索してください)
@dxc4096n

メールでのお問い合わせ

gidarimjapan@gmail.com

こちらまでお願いします。
※2日お返事がなかった場合は、メールが届いていません。再度、ご連絡お願いします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。